RIS:演奏曲目入力システム|日本の音楽これで委員会

お知らせ


【RIS:演奏曲目入力システム】の本番公開を 2015年4月17日(金)より開始いたしました。
引き続きシステム改善のための仕様調整は続きます。

下記のリンク先4件は本稼働中のシステムです。是非ユーザー登録して頂き使ってみて下さい。

*RISは仕様調整中のため、画面やレイアウトが変更される場合がありますが、ご入力頂いた演奏データなどが削除される事はございません。

RIS:作品ID登録申請フォーム

【RIS:演奏曲目入力システム】にJASRACが音楽著作権管理している楽曲を登録できます。
登録された楽曲は、誰かが演奏登録するたびにカウントされます。

RIS:ライブハウス登録フォーム

【RIS:演奏曲目入力システム】に演奏場所であるライブハウスを登録できます。
JASRACと包括契約しているライブハウスで演奏された曲はJASRACに報告することが出来ます。

JASRACと契約の無い店舗は、基本的に著作権が消滅している曲やJASRACに委託していない自作曲などの演奏をしている店舗ですから、演奏曲を登録頂いても著作権料の分配には影響しません。しかし「何を演奏しているか」という質問をJASRACから受けた場合や調停をおこされた場合に、演奏実績などの証拠となる返事が示せず、法外な著作使用料を請求され訴訟を起された店舗は実際にたくさんあります。裁判では個人の店に損害賠償請求が確定し、オーナーが借金を背負い泣く泣く閉店させられた事例もございます。このように日本での音楽の生演奏業界が背負ってきた過去の悲劇的な事例や、日本の音楽のルーツを創ってくれた素晴らしいミュージシャンや先人達が流した涙を無駄にしたくはありません

JASRACと契約していないライブハウスが仮にJASRACから使用料請求された場合は、実際に演奏された実績を【RIS:演奏曲目入力システム】を利用して蓄積していただき示すことによって、支払う金額の正当性を主張できます。(日本の音楽これで委員会の弁護団がしっかりとサポートいたしますので、ご安心してご利用下さい。)

RIS:ユーザー登録フォーム

【RIS:演奏曲目入力システム】を使って頂ける方は是非ご登録下さいませ。
登録後はJASRACに著作権管理委託していない楽曲の登録も出来ます。
ライブハウスさんが自店の演奏実績を蓄積する場合もユーザー登録してご利用下さいませ。

RIS:演奏曲目入力システム:ログインページ

【RIS:演奏曲目入力システム】に登録および入力されたデータは、登録者の個人情報です。
個人や店舗が特定できない範囲で、楽曲の利用カウントを公開する場合があります。

今後ともよろしくお願いいたします。